VISAカードとは何ですか?

VISAカードとは何ですか?

VISAカードとは?

 

VISAとは言うまでもありませんが、私たちが利用しているクレジット会社の名前でもありますね!
この会社はアメリカの「かるふぉるにあ州のさんふらんしすこ」にあるんです。
ひらがなで書くと何か変な感じですね(笑)

 

簡単に言うとアメリカ大陸の西側に会社があるという事です
で何故今更こんなVISAの事に書き始めた方と言うとですね、VISAのブランドは実は日本国内外で威力を発揮すると考えたからですね。日本のブランドだと「JCB」などが日本発のブランドです
で、VISAは本社が海外ですので、海外とか英語圏、欧米、アジア辺りでVISAの使用出来る国が多いんですよね。

 

逆にヨーロッパなどは「mastercard」などが人気のようで
ヨーロッパではmasterカードを所持して旅行すれば使用できる機会が増えるという感じです。

 

で日本国内ではJCB、master、VISA、アメックス、ダイナースクラブ、などほとんどのカード会社が使用できるなっているので
不便などと感じた事はないでしょうが、海外だと事情は違って来るようですね。
そうなったていざカードが使えない!ってならないためにもVISAカードをお持ちでない方は念の為VISAカードを所有していた方が今後も安心して海外旅行の際に役に立ちますよね?って話です。
またヨーロッパに行こうと思っている方はmastercardもしくはダイナースクラブのカードを取得しておくと
便利に活用出来るでしょう。

 

細かい話ですが、海外での何か料金を支払う時には現金の場合だといくらのお金をどの紙幣で支払えばいいのか?
って問題もあります、例えば中国などで
飲食店を利用していていざ会計時に中国人の店員さんに「我想快点上幸福的日子!」
って言われても自分「?・・・・・」となってしまいますよね。

 

実際に上の中国語の意味は私もわかりません・・・・・(苦笑

 

そんな時にいくら渡せばいいのか不明なので、とりあえずクレジットカードで決済して置けば無難でしょう。
もしくは、100元を渡して、会計を済ませるという事も出来ますね。

 

つまり言葉の壁を海外では経験すると思いますので、その際にカードの決済は便利ですよねって事です。
日本ではまずありない事ですが、海外ではこんな事が起きると思います、また毎月の様に海外に行っている方にとっては
別に困る事はないと思いますが、初心者の方はこの様な事もありますので注意が必要です。

 

そんな中でクレジットカードの話に戻ると、考えれるのはmasterカードとVISAカード辺りは持っておいた方がいいと言うことです
ブランド物が欲しいと言うのであれば、ダイナースクラブやアメックス(アメリカンエキスプレス)などがおすすめです
そのようにカードを2〜3枚程度ブランドを変えて所有しておいた方がいいですね。

 

カードの発行会社の特徴はあるものの、海外での使用の際は、そもそもJCBは対応していないなどと言うのは
カードの意味が無くなってしまうので、国際ブランドをそろえてカードを発行する
この意識でカードを発行することをおすすめします。

 

1か所のカード会社依存は何かとリスクがありますし、複数のカードを所有する事でその場に応じて得するカードで決済するというのもまたありですね!


ホーム RSS購読 サイトマップ