フリーターの年収平均は約145万円

フリーターの年収平均は約145万円

フリーターの年収平均は約145万円

地域の最低賃金格差もありますが
おおよそ、月収12万円で考えた場合145万円という数字になりました
そもそもフリーターの平均年収とは個人がシフトに入れた数に左右されるので
日本全国のフリーターの年収平均は厳密に計算できません。

 

このフリーターの増加傾向も考えると今後の日本の経済状況はどんどん
暗くなっていくと思います。
なぜなら消費行動が多い若者がフリーターでは消費したくても
お金がないため消費できない状況だからですね。

 

でも夢があってフリーターのような仕事を比較的簡単に休める
バイト生活でいい!って方はいいでしょう。
でも今後のことを考えるとやはりバイトの非正規雇用ではなく
ちゃんと正社員で仕事をしてまともな給料をもらい
週休2日でその休みの日に夢を追うほうがいいでしょう。

 

また若いうちはバイトでもいけるんじゃね?!って思いがちですが
正社員との給料の格差や、年功序列がいまだに残る会社多いので
やはり早いうちから正社員になっていったほうがいいでしょう。

 

仮に正社員でも同じ会社に一生務めることはしなくてもいいですし
キャリアを積む意味でも正社員のほうが転職などにもPRにつながります。
目安としてはやはり20代後半までには正社員になるべきですね

 

30代を超えたあたりから、自分の強みがはっきりしていないと
企業は採用に厳しい目でみてきます、ですが工場などライン作業
いわいゆるルーチン作業(単純作業の繰り返し)なら雇ってもらえる
可能性は高いです。主に工場です

 

なので年収や今後の未来の生活を考えると年収が低いフリーターではなく
正社員を早いうちから考えて行動していきましょう。
僕もフリーターですが、今の職場で40代のバイトの方や30代バイトの方もいますが
年収なんて180万いかないくらいです。
これでは生きていくのに精一杯の金額になってしまうのです
人それぞれ生き方は自由ですが、豊かに生きていくのはお金は大事です
でも今は。。。
って方は節約を頑張ってみてくださいね!夢のためとか今やりたいことに
時間を割きたい人はバイトでもいいでしょう。

正社員はいや!でもフリーターでは生きていくのは難しい

年収ラボでは20代前半と後半では年収に大きな差があることが確認できる
正社員の20代前半は240万未満がほとんどのようです。
これも仕方がないところです。
大学生から会社に就職しても最初は何もできないのが当然で
人材的に育成期間になってしまうのでそこにどうしても給料面ではなく
人材育成費のほうが多くなってしまうので給料はあまりよくないのは理解できます

 

この年齢だとフリーターと正社員ではさほど格差を感じにくいでしょうが
問題なのは20代後半からです
20代後半になると年収が一気に280万が平均金額になってしまうのです。
フリーターであれば時給で稼いでいくのであればこれは給料の賃上げなどは
ほとんど期待できません。

 

みんな時給なので結果ではなく時間ないを働いた分だけが給料という形です
ので年功序列は存在しません
ですが正社員であればあるていど年齢を重ねて上司にも認められて
同じ会社に務めていれば、不思議と給料が上がるんです。

 

正社員は成果というよりも、会社に貢献し続けることが重要視されるのです
たとえばワタミで私は社畜になるであります!!!!
って面接時に発言したらたぶん評価されるでしょう(笑
笑いごとではないですが、ようするに会社に貢献していけば
それだけで正社員としての株が上がりそれが給料に反映されるという仕組みです

 

フリーターでいる問題点は所得が少ないため、生きていくのに
最低限の事しかできない、というのが問題点です
若者は何故高価なモノや贅沢をしないのか?っていたるところで
議論のネタにされていますが、そもそも、そんなお金がないからできないんですよね
しかもフリーターやバイトの非正規雇用者は増加傾向です。

 

その背景を考えた場合は一部を除いてはほとんどの若者はお金なんてほとんどないんですよ
ではどうしたら改善できるのか?ってことですが働くことを嫌いにならないようにすることです。
働くのいやだから、正社員もなりたくない、社畜になりたくない!
って場合がほとんどです。

 

今後のことも考えていくのであればやはり仕事を好きになるか?
好きな仕事を見つけるか?この2択ではないでしょうか。
もし今この段階でなくてもいいです、時間は有限ですがおのずと危機感が高まれば
どちらかを選択しなくてはいけません。

 

またささやかん節約方法もフリーターにはありますので左側のコンテンツを参考にしてください!

悟り世代が考えるフリーターのメリット

フリーターのメリットとは時間があることでしょう。
正社員だと月間8日休みなどの場合が多いので
つまり週5日の勤務で土日休みのパターンです。

 

これはこれで給料が安定して入るためです
それに比べて、フリーターは給料が少ないですが派遣などで
生活費稼げれば、生きていけるわけです。

 

その変わり時間の余裕が生まれるため、自分の好きなことに
時間を割くことができる。
この時間を有効活用できなければはっきり言って人生を無駄に過ごしてしまう
わけですが、それがフリーターのデメリットです。

 

どっちを選択するかは自由ですが、若い人の価値観が変わってきていて
貧乏でもその中で好きなことをしていれば充実した生活ができていると思っているようです。
結局貧乏でもいいじゃん、みたいに開き直っているようです
そんなとこですね。フリーターのメリットは時間があること
その時間は有効活用できればそれは今後の人生にいい影響を与えることができるか否かは
結局自分次第ですね^^


ホーム RSS購読 サイトマップ