クレジットの由来とは?

クレジットの由来とは?

クレジットの由来とは?

 

クレジットカードは、1950年にアメリカで誕生しました
ここまで普及するまでの過程なんて本当はどうでもいいことなのかもしれないけど

 

ま〜アメリカで生まれて全世界に広がったクレジットのいきさつは
アメリカのレストランで食事しているおっさんが
財布たまたま忘れちゃってその代金をたまたまツケで済ませちゃったのがきっかけなんだって。

 

こんなのでよくクレカ作ろうと思ったよな〜と関心しちゃいますが
ま〜そんなとこで、そのおっさんは今度からほかの店でも
ツケで食事が出来るようなシステムを構築してカードを作っていったというわけです。

 

要するにカードの仕組みとは消費者のそのときの決済をカード発行会社が
肩代わりしているだけで、あとで請求が来てしまうだけなので
現金を持ち運ぶことなく買い物も出来てしまうという便利さを手にしたのですね〜

 

 

またそしたらカード会社ってどこで利益得ているの?って疑問に思うと思いますが
それは利用したお店がカード会社に商品の数%をカード会社に支払っているんですね
または最近ではカードの色でステイタスをあらわすようになってきたので
年会費やカードのクラスによって利益を得ている場合もあります。

 

 

なので消費者は一番お得なんですよね!じつはカードで支払うっていうことは
お店に対して、「おう!俺、今現金ないからツケだ頼むわ!」っていうことを
やってるんですね〜仕組みなんてきにしないでクレジットカードを使ってしまいたが
こんな仕組みをあのカード1枚でやってしまうんだから素晴らしい!

 

またクレカなら最近では誰でもモテるように簡単に作れるようになっています
ただクレジットの意味は「信用」ですから決して支払えない買い物を
クレジットカードでするのもではありませんので、その辺は注意しましょうね。
またそんな方は審査で落とされてしまう可能性がありますので
お金でトラぶった過去がある人は難しいかもしれません。

 

ですが本当にごく一般的にアルバイトでもパートでも
働いていればクレジットカードは作れますので!


ホーム RSS購読 サイトマップ