KCカードの作り方

KCカードの作り方

sponsord link

KCカードの作り方

KCカードは比較的簡単に作れるようで、色々な口コミを調べた所
審査もそれほど厳しい様ではなく、特に審査で落ちたって方の情報がありませんでした。
そもそもKCカードに申し込んでいる人が少ないのかもしれませんが・・

 

カードの申し込み条件は他のカード会社と変わらず、18歳以上の方ですので
普通の人ならすんなり手に入れる事が出来ます。

 

年会費は無料?

年会費については初年度無料の次年度以降はKCカードのオンライン会員登録で
年会費が無料になるので、実質無料でKCカードを手に入れる事が出来ます。
オンライン登録とは、メールアドレスを登録して会員になる事ですが
多分色々と宣伝メールが来ると言う感じでしょうが、楽天さん程頻繁にメールはこないと思います。
なので心配なくオンライン登録をして年会費を無料にしちゃいましょう!

 

 

KCカードの特徴

KCカードの特徴はなんと言ってもボーナスポイントですね。
ボーナスポイントとは、ある言ってのポイント数を達成した場合ポイントが無料でもらえる仕組みの事です。
このボーナスポイントは他のカードではあまり聞いた事がないですが
KCカードの特徴としてそれが該当します。
ボーナスポイントのすごい所は最大のボーナスポイントで25000ポイントが無料で手に入る所です。
KCカードのポイントプログラムは 1ポイント=1円 換算ですので25000円が無料でもらえるという仕組みです
でも、このボーナスポイントをもらうには結構な額をカード決済していかないといけません。

 

当然ですが、25000ポイントも無料であげるのでそれなりの額を使わないといけないと言う事です
でも無料でそこまでポイントがもらえるなら、欲しい!って場合はやはり地道に貯めていくしかないです
またポイントの使い道なんですが、カードで買い物した料金をポイントで割引出来る事です
この部分が重なれば美味しいカードに変貌するんですよね(笑)

 

例えば公共料金や携帯、スマホ代金など、まとまったお金をカード決済をしてポイントを貯めていく
そしてその貯めて言ったポイントが一定額に達した場合ボーナスポイントが付与されますので
その際に好きな買い物をした後に、ポイントを使えば割引が大きく出来ます。

 

ボーナスポイント一覧

 

1000=1000円

 

2500=2500円

 

5000=5000円

 

10000=10000円

 

25000=25000円

 

この様にボーナスポイントがなっていますが、これも達成したポイントの加算していくことでボーナスポイントが貰えます
詳細ははこんな感じです。

 

公式サイトから

 

他のカードとの違いをまとめ

他のカードの違いは特徴の部分と被ってしまう部分もあるのですが
この2点が大きな違いになりますね。

 

1 ボーナスポイントの制度

 

2 ポイントで引き落とし金額を割り引く事が出来る

 

これだけですか?!
って思われたかもしれませんが、実質無料で色々とサービス待遇を付けているのは
本当にごくわずかです、なのでこのカードサービス内容では満足出来ない様であれば
やはり、楽天カードやイオンカード、ENEOSカードなど内容重視のカードをおすすめします。

 

それでもKCカードが欲しい!って方はKCカードでもOKです
様は自分が納得出来るサービス内容であれば、別にどこでもいい
って考えで申し込んだ方が後々、後悔することなくこのカードで良かったって思えますので
またキャッシング内容やリボ払いなどの他のカードほとんど変わらないなので
そっち目的でどこのカードでもいいかな。って人は申し込んでもいいと思います^^

 

 

 

 

 

 

KCカードの作り方記事一覧

KCカードは審査が甘い

KCカードでの申し込みはどうやら審査が甘いそうですその理由としてあげられるのが、KCカードは楽天に買収されて事業のカード部門を楽天カードとは別の形で提供しているのがKCカードです。そこでKCカードは今後も新規のお客をどんどん取ることが社員のノルマになっているそうですそこで審査に自信がない人はKCカー...

≫続きを読む

 

sponsord link


ホーム RSS購読 サイトマップ