公共料金をクレジットカードで払う

公共料金をクレジットカードで払う

公共料金をクレジットカードで払う

公共料金がクレジットカードで支払う事は可能です。
電気、ガス、水道など毎月の支払をカードで決済していけば、ポイントがめちゃくちゃ早く貯まっていきますので
是非活用しましょう。
そこでどこのカードがいいのか?って事ですが、公共料金だけの支払でクレジットカードを作るのは
ちょっともったいないですよね?
どうせクレジットカードを作成するならこれからも他の買い物に便利にいかしたい!
そう思うのが人情ってものですよね。

 

そんな時は迷ったら、まずはコンビニ系カードかネット系カード、もしくは空港系カードなど
ライフスタイルに合わせてカードを作るのが一般的なカードの作り方です。

 

もし、ネットショッピングが多い人であれば、当然楽天カードやAmazoカードなどの
ネット通販に特化したカードを作っていれば、楽天、Amazonなどネットショッピングのインフラを利用する時に
ポイントが面白い具合に貯まっていきます。

 

他のカードでは1%還元が、楽天カードで買い物すると2%還元などに変わってきます。
1回の買い物では実感は薄いかもしれませんが、1年や2年使用してくるとポイントの貯まり方が圧倒的に違ってきます。
Amazonカードの場合も同じですね。
そのように、自分がネット通販の利用回数が多いと思えば先ほど言ったカードを作成すると便利です
またコンビニ系のカードとはコンビニをよく利用する人などは便利にポイントが貯まります

 

これも先ほどネットショッピング系のカードの特徴と同じで、コンビニバージョンと言った所でしょう
コンビニ系といっても他の大手の飲食店との提携もあり、他の店でもポイントが貯まり安くなっています。
それがファミマTポイントのクレジットカードですね。

 

Tポイントの機能が付いた、クレジットカードですので提携場所が色々あるのでこちらは
他のお店でも活躍できる優れたコンビニ系クレジットカードです。
またローソンのポンンタクレジットも同じように使用できますよ^^

 

ですが、セブンイレブンだけはイトーヨーカードやセブンイレブンなどとグールプ会社での使用がメインになって
しまうので他の2社のコンビニ系カードよりかは、活躍の場が少なくなってしまう可能性がありますね。
でもクレジットカードとしての機能は変わらないのでセブンイレブンが好きな方はセブンカードを作るといいですね
nanaco機能も付帯しますので^^

 

では公共料金の支払いを念頭において自分が好きなカードを作成いきましょう!
作成手順はサイドバーの上のメニューから調べる事ができますので一旦上の方までスクロールしてみてくださいね!


ホーム RSS購読 サイトマップ